FC2ブログ

記事一覧

アンバスケード '18 10月 1章 ヴェルク やさしい 青ソロ

anbus38.jpg

 ほぼ2ヶ月遅れの10月のアンバスケード1章の話になります^^;。ヴェルクは2度目の登場ですが、3度目もあるかもしれないので一応まとめておこうかと思います。ちなみに1度目の時はFF11に復帰したばかりで主に『とてもやさしい』を学者でやっていたのですが(過去記事)、一度だけ『やさしい』を青でやってみて負けたのでそのまま諦めてしまっていましたw。今回は何度か『やさしい』に青で挑戦してみたところあまりやられることもなく、前回失敗したのはたまたま運が悪かったのかなと思いましたw。

 前回は全く理解していなかったボスのBozzetto Regentのギミックについてですが、一度に一定以上のダメージを与えてしまうと敵のレベルが上がる『ノブレスオブリージュ』や、しばらく魔法ダメージが通らなくなる『ソベランイーディクト』を使用するようです。技を使うダメージの閾値は『ノブレスオブリージュ』の方が高く、また雑魚を倒すと閾値が下がるそうです。しかしながら私が難易度『やさしい』をかなりの回数やった限りでは(メインウェポンはアルマス)、先に雑魚を倒してしまっても一度も『ノブレスオブリージュ』を使われることはありませんでした。これはこちらの攻撃がしょぼいということなので喜ぶべきことでは無いですがw、このBFに関しては好都合でした。またより低いダメージで使われる『ソベランイーディクト』の方は、大ダメージへのカウンター以外でも普通に使うので正直カウンターで使われてるのかどうかよくわかりませんでした^^;。でも使われたとしてもしばらく魔法ダメージが無効になるだけなので気にすることも無いと思います。『ソベランイーディクト』には雑魚にSPアビを使わせる効果もあり、難易度『やさしい』では雑魚は黒のBozzetto Servitorが1体のみで『魔力の泉』中にはメテオやデスを使用するらしいのですが、逆にボスが『ソベランイーディクト』を使わない限りは『魔力の泉』も使用しないので、ボスより先に倒すことにより安全に倒すことができます。高難易度では雑魚を倒すたびにボスが『ノブレスオブリージュ』を使用するようですが、『やさしい』では『ソベランイーディクト』を使用します。

 ボス、雑魚ともに水と闇に耐性があるようですが、麻痺、静寂、スロウ、ディストラ、アドル、ブランクゲイズ、ディスペル等は普通に入りました。雑魚にはサドンランジのスタンも入りましたがボスには入らないようです。痛い攻撃対策にスカウリングスペイトの攻撃力ダウンを入れたかったのですが水属性のためか完全にレジストされていたようです。テネブラルクラッシュ(闇属性)の防御力ダウン効果は風属性だからか一応入っていましたが、格上のためかハーフレジで1分半で切れることが多かったです。ボスの使用魔法はプロテスIV、シェルIV、フラッシュ、バニシュII(ほぼ2桁ダメージ)、ケアルIV(HP426回復)、雑魚は通常時は精霊ガIII系のみを使用し、上にも書いたように『魔力の泉』中にはメテオやデスを使用するらしいのですが、『やさしい』で確認できたのはコメットのみだったので難易度で違いがあるのかもしれません。

 各敵の使用技は以下のようになります。

Bozzetto Regent(王タイプボス)

マーセレスマウリング
前方範囲ダメージ+武器脱衣の効果の技です。ダメージは300~700くらいのことが多いですが、DAがのるのか時々1500~2000程になることがあります。使用頻度が高くこの技でやられることが一番多かったです(´・_・`)。そうは言ってもアークEVが即死するようなことは滅多に無く、自分がタゲを取ってしまった時もダメージカット装備で耐えればそうそうやられることはありません。できるだけ盾以外を巻き込まない位置取りにしたいところです。武器脱衣についてはフェイスは関係ないですし、自分がくらっても装備不可になるわけではないのですぐに装備し直せば問題無いです。

カミングスルー
前方範囲ダメージ+長距離ノックバックの効果の技です。ダメージは2桁~高くても800程度なのでマーセレスマウリング程危険では無いです。ノックバックはフェイスは敵同様無効なのだと思いますが、自分がくらってしまうと戻るのが面倒です^^;。

ヴェルクアンブッシュ
単体4回攻撃+ディスペルの効果の技です。攻撃の一発一発にディスペル効果があり、DAが発生するのか強化が5~6個消されることもあってやっかいです。ダメージは200~700程で、攻撃回数が多い割にそれ程痛くはありません。

ガランフ
自身中心範囲ダメージ+スタン(3秒程度)+攻撃力ダウン(50秒前後)の効果の技です。ダメージは2桁~300程度のことが多いですが、魔法ダメージなのか前衛キャラはレジストし損ねて500~700程になることがあります。効果範囲が広く距離を取るフェイスにもとどきます。

ソベランイーディクト
自身に魔法ダメージ無効の効果(約30秒)+雑魚にSPアビを使わせる技です。雑魚を倒した時、一度に一定以上のダメージを与えた時に使用しますが、それ以外でも普通に使用します。雑魚が残っている場合はこの技を使われる度に何度もSPアビを使われますが、『やさしい』でやる場合は先に黒雑魚を倒してしまえば特に気にすることもありません。魔法ダメージ無効の効果が煩わしいですが物理ダメージは通るので効果中は連携やMBは狙わないようにし(起こってしまうのはしかたありませんがw)、気を付けるのは効果中にBBを使ってしまって無駄にしてしまわないようにすることくらいです。

クロックタストロフィー
自身中心範囲ダメージ+アムネジア(40秒前後、上書き無し)の効果の技です。ボスのHPが減るほどダメージが上がるらしく、400程度~終盤には1200くらいになることも。フェイスの範囲回復技のトリガーにいいかと思いきやアムネジアになってしまうので、このBFではフェイスの範囲回復技はほぼ期待できません( ノД`)。終盤ダメージが大きくなりますが、フェイスのHPmaxが10%増える『チャチャルンの応援:ドラゴンパピー』を付けていたせいか、フェイスの絆中でなくともHPの少ないコルモルが死ぬこともあまりありませんでした。効果範囲が広く距離を取るフェイスにもとどきます。

Bozzetto Servitor(黒タイプ雑魚)

グルーティナスダート
単体ダメージ+バインドの効果の技です。ダメージは2桁~300程度と低め。

デススピン
自身中心範囲ダメージ+防御力ダウン(50秒前後)の効果の技です。これもダメージは2桁~300程度と低めです。

ヴェルクピグマキア
単体4回攻撃+ディスペルの効果の技です。名前は違いますがボスの『ヴェルクアンブッシュ』と同じ効果だと思います。後衛タイプのせいかダメージは低めで、EVがくらっても0~2桁のことが多かったです。

サウリアンスワンプ
対象中心範囲ダメージ+強スロウ(50秒前後)+バインドの効果の技です。強スロウでヘイストを上書きされるのが鬱陶しいです(´・_・`)。これもダメージは2桁~300程度と低めです。

ジャングルフードゥー
対象中心範囲ダメージ+麻痺(50秒前後)+悪疫(50秒前後)+呪い(20秒前後)の効果の技です。ダメージは2桁~500程度。麻痺と呪いという嫌な効果が付いている上に距離を取るフェイスにもとどく程効果範囲が広いです。雑魚にはサドンランジのスタンが効くので、できるだけスタン状態にしてこの技を使わないうちに倒してしまいたいところです。

 戦闘の流れとしてはまず雑魚から倒します。雑魚はボスの後ろにいるのですが、ボスには通常攻撃のバリエーションとしてバインド効果の付いた自身中心範囲のジャンプ攻撃があり、スタート地点から真っすぐ敵に向かうと雑魚に近づく前にフェイス含めてボスの攻撃のバインドで動けなくなることがあるので、後ろに回って後ろから雑魚に近づくとスムーズにいきます。雑魚には魔法ダメージが入らない特性があるため、連携やMBは使わずに威力の高い物理WS単発で削ります。ボスが『ソベランイーディクト』を使わない限りは雑魚はSPアビを使用しないので、基本的には精霊ガIII系(ダメージは200~600程)のみしか使わないため特に問題は無いと思います。

 雑魚を倒したらボスとタイマンです。『マーセレスマウリング』をくらわないよう盾だけがボスの正面にくるように上手く位置取りします。ボスはただでさえ硬い上に、『ソベランイーディクト』の効果中は連携やMBのダメージが入らなくなり、『クロックタストロフィー』をくらえばアムネジアでWSが撃てなくなる等戦闘が長引く要素が多いです(´・_・`)。そして上に書いたように『クロックタストロフィー』のアムネジアでセルテウスのリジュヴァネーションが期待できないためMPがきつくなりがちです。また『クロックタストロフィー』のダメージをフェイスまかせにすると危険ですしMPの負担も大きいのでホワイトウィンドで回復しているとけっこう早めに自分がタゲを取ってしまいます。自分がタゲを取ると『マーセレスマウリング』で死なないようダメージカット装備を維持しなければならなかったり、『ヴェルクアンブッシュ』で大量に消された強化のかけ直しに手間がかかったりと余計に削りが遅くなりますo(`ω´ )o。そこで今回はサポを滅多に使わない竜騎士にして、タゲを取ったら『ハイジャンプ』でヘイトを抜く方法を取ったところ概ね上手くいきましたw。リキャストが間に合わなかったりアムネジア中の場合は後ろを向いてフェイス盾にタゲを取ってもらい、その後『ハイジャンプ』が使えるようになるまではオートアタックのみで削ります。また足りなくなりがちなMPに関しては『マジックハンマー』で補給しました。ボスは水闇属性以外は普通に魔法が通り、魔命重視装備で400前後吸えたのでリキャストごとに使っていればMPが足りなくなることはありませんでした。ただ『ソベランイーディクト』中はダメージが0となりMPも吸収できないので使うタイミングには注意が必要です。ボスにはパラライズトライアドの麻痺に加え、MPに余裕があったので『テネブラルクラッシュ』も常時入れていました。

 YouTubeに青/竜でフェイスはシルヴィ、アークEV、ウルミア、ユグナス、コルモルを使って戦った動画をアップしてあります。




記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター

プロフィール

FF11SEKI

Author:FF11SEKI
昔の記事はこちら

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -